Pages

月曜日, 9月 27, 2010

なんて簡単! 手軽なヘルシー・ローストビーフ(輸入肉)

バーベキューであまりにもおいしかったので、家庭で調理してみた。

バーベキューでの記録はここをクリック


おいしい!!!

友達も絶賛!!!。

ローストビーフって、こんなに簡単に作ってもおいしいんだ・・・・。

しかも、輸入牛肉のもも肉を使えばちっとも贅沢でもない。
オージービーフは安いが、脂肪分が少なくてとってもヘルシー・・・・・(ちょっと固いなとおもったけど・・・・(^^;。味はやっぱ・・・・。)

煮汁は、下記の他にもポン酢など様々な工夫があるようだ。

今回のレシピでも、煮汁には、玉ねぎと牛肉のうまみが十分とけだすので、再利用に限りない可能性があるはずだ。


********ローストビーフ**************
【材料】

ローストビーフ用の牛肉ブロック  太さは最低5cm角以上はあったほうがいいと思う。
玉ねぎ 線切り1個
ショウガ 線切り1かけ
つけ汁(しょうゆ、みりん、酒、水、  ざっくり作ったのだが、雰囲気的に1:1:2:2でできるだけ煮汁を飛ばす感じか?本当は醤油がもっと多く、水などないほうがいいのだろう。ここは塩分控えめ)
オリーブ油


【調理】
牛もも肉ブロックには塩と黒コショウ荒引きをすりこむ。
鍋にオリーブ油を敷いて、玉ねぎの線切りを炒め、きつね色になったら皿にとりあげる。
鍋にオリーブ油をたして、ショウガの線切りを炒め、ローストビーフ用の牛肉ブロックを入れて表面に焼き目をつける。
焼き目がついたら、つけ汁を入れる。半分弱つかるくらい。
煮沸して転がしながら数分して、鍋を火からおろす。
自然に冷ますが、やはりときどき転がす。(冷ます工程で煮汁のうまみを吸い上げるので)
冷めたら薄くスライスして、煮汁をかけて頂く。

【うーん】
とってもおいしい。
オージービーフなので、脂肪分が少ないところがヘルシーでいい!。
ちょっとだけ肉質固いのも気になるが、よく噛むという習慣がついていいじゃないか!味わい深いし・・・。
中身は生肉。牛肉のおいしさはしっかり感じる。生肉のおいしさを堪能できる。
生肉を食らうのだから、やはりローストビーフ用として売られているものが安心かも?。
たれの味付けは、濃いものをみかけるが、薄めに作って、ものたりなければ、鍋に残った煮汁を煮詰めてローストビーフにかける方がヘルシーで材料を浪費しないで済むと個人的には思う。
一度煮たててビーフを転がし、そこで火を止めて、冷やしながらもときどきひっくり返す。この冷ます過程で煮汁が肉にしみこむ。大事な工程だ。
煮汁には牛肉のうまみと玉ねぎのあまみが溶け込んでいるので、他の料理にも利用するといいと思う。しょうがもつかっているので、体を温めるには十分なパワーある煮汁だ。茄子炒めの味付けにつかったが、これがまた最高においしかった!。
煮汁は奥が深い。お酢を利用したり、バターを利用したり、はたまた、うまみ材を利用したり、様々な味付けでさらに豊かな食卓を追求できるだろう。