Pages

火曜日, 5月 10, 2011

小さな しじみ・・・・冷凍庫の奥で凍ってたよ。   にらが黄色くなり始めている。 あとしめじとにんじんがあるなあ。

ようするに残り物。
どうしたものか・・・・。

小さいしじみってたべにくいんだよなあ。

ニラも黄色くなってきてる。もう料理しなけりゃねえ。


うーん。スープにしてみようかな。

  • しじみをじゃぶじゃぶ水で洗う。凍ったままでいい。
  • 沸騰したお湯の入っている鍋に投入。ここでは少量。
  • しじみが口を開けたら、はげしくゆする。こすれて身と殻が分離する。お湯が多すぎるとうまく分離しない。
  • 殻だけのものを除去。さらに激しくゆすって、身と殻が分離したら殻を除去。最後どうしても外れないものは、手で外すか殻ごと捨てる。しじみの栄養は水溶性のものも多いので、沸騰している間に結構汁に乗り移る。
  • お湯を加えて、鶏がらスープの素を少々。
  • 人参の千切りを入れる。
  • お酒を入れて沸騰させる。
  • やわらかくなったら、にらの根元の粗みじん切りとシメジの粗みじん切りを投入。
  • 火が通ったらにらの葉の粗みじん切り。
  • 味付けは、オイスターソースとしょうゆでお好みで。



簡単でおいしい。

そして、驚愕の栄養を含む。


しじみは、昔から『生きた肝臓薬』といわれるほど肝機能を修復・活性化する栄養分を豊富に含む。

  • 胆汁の排泄を促し肝臓の解毒作用を活性化させるタウリン
  • 発育のビタミンといわれるビタミンB2、赤いビタミンと呼ばれ造血に欠かすことのできない、肩こり・腰痛の緩和にも役立つビタミンB12、老化やがんを防いで血行を促すビタミンE
  • 肝機能障害、貧血の予防にも効果がある鉄分、味覚障害の予防効果がある亜鉛、代謝にかかわる銅やマンガン。
  • 骨や歯の発育に必要でストレスを抑えるカルシウム。



にら、にんじん、しめじもすばらしい栄養だ。

  • 消化促進、食欲増進に役立つと共に、ビタミンB1の吸収を高める硫化アリル。血液サラサラ効果でも有名だ。
  • ビタミンB1はにらにもしめじに含まれ、糖質をエネルギーに変えて疲れにくくする。
  • 風邪の予防に欠かせないビタミンCが豊富で、B2も含んでいる。
  • さらににらには、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症を防ぐ効果があるカルシウム
  • 鉄・カリウムなどのミネラル成分も豊富。
  • にらやにんじんには、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ、潤いを与えてくれるビタミンA(カロチン)が豊富だ。また、たんぱく質をつくるビタミンB6も豊富。
  • しじみ、にら、にんじんには、老化やがんを予防して血行をよくするというビタミンEも豊富。
  • しめじには、カルシウムの吸収を促進するビタミンDが含まれる。あさりとにらの動物性、植物性のカルシウムの吸収を助ける。
  • 葉酸、パントテン酸、ナイアシンも摂取できる。
  • 食物繊維も豊富だ。

しじみだし、鶏がらスープだしに、オイスターソースと醤油のうまみのスープ。そしてニラの独特の香り、シメジの触感と味、思いつきスープにしてはかなりいい感じのスープだと思う。

生活防衛って皆しているんだ・・・。    共感のサイト ・・・ 【レポート】100万円貯めた人のリアル食費節約テク・買い方のツボ、教えます! - おうちごはんで節約 | ライフ | マイコミジャーナル

ネットサーフィンしていたら、生活防衛のサイトを見つけた。


【レポート】100万円貯めた人のリアル食費節約テク・買い方のツボ、教えます! - おうちごはんで節約 | ライフ | マイコミジャーナル



以下はイメージしやすい。なんとなく相通じるものを感じる。

  • 買い物は週1回。特売に惑わされたまとめ買いはしないは基本。
  • 1週分の食費予算を決める。予算管理が大事。
  • "じゃがたまにん"など買う物は、いつもほぼ同じ。定番食材。使いまわしを充実する。
      1. 野菜部門はじゃがいも、玉ねぎ、にんじん、葉物野菜(ほうれん草、小松菜、水菜、レタス、チンゲン菜など)を2種類、きのこ類2種類、ピーマン、もやし。キャベツ、白菜、大根などの大物野菜が特売になっていたら購入。ただし、その場合は葉物野菜を買いません。
      2. 肉部門は、豚こま切れ肉、ひき肉(豚ひき肉、合いびき肉、鶏ひき肉のうちどれか1種類)、鶏胸肉または鶏もも肉
      3. 常備食材部門は卵、牛乳、豆腐、納豆、ヨーグルト、ウインナー、ツナ缶
      4. 乾物部門は、高野豆腐、ひじき、切り干し大根、春雨
      5. 調味料は、月1回プライベートブランド(PB)商品をまとめ買いする




以下はなるほどと思わせるさらなる工夫か?


  • 買う物は、1つ=100円が目安。勘定しやすい。
  • 買い物前に5日分のメインおかずだけを考える。使いまわしで残りの2日はなんとかなる。
  • ホットケーキミックスでおやつ代を浮かす(ドライフルーツ、ココアパウダー、ヨーグルトを混ぜてオーブンで焼く、耐熱カップに入れて電子レンジでチン、丸めて揚げる)

ま、工夫は限りないだろうが、そのツボはだれも似ているのかもしれない。
もちろん、ここには、冷蔵庫や電子レンジなどの隠れた調理機が威力を発揮しているのは間違いないと思う。