Pages

火曜日, 7月 05, 2011

ちょっとおしゃれな豚肉のフライパンロースト

テレビで紹介していたものを参考に作ってみた。
おいしい!。香味のつけ方と焼き方に特徴がある。

  1. ネット入りの豚かたまり肉を買って作った。
  2. にんにく1かけを縦に4-6等分に切り、豚肉に1cmの切り込みを入れて、差し込む。
  3. 塩コショウを表面にするこむ。
  4. オリーブオイルを大匙1/2を表面に刷り込む。
  5. 乾燥ローズマリーを表面に10-15粒程表面にまぶす。
  6. ラップをして冷蔵庫で30分。
  7. フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を引いて、冷やしておいた豚肉をフライパンに入れて、中火で10分かけて表面をこんがり焼く。
  8. フライパンに金網またはしわを寄せたアルミ箔を乗せて、香味野菜をのせる(水分補給と匂い消し。ラッキョウときゅうりを入れてみた)。
  9. 水を大匙1.5振りふたをして蒸し焼きにする。適宜水を入れながら25分蒸し焼きにする。
  10. その間にソースを作る松の実とクコの実和え、お酢と砂糖 塩少々 オリーブオイルを入れて混ぜ合わせる。
  11. 金串をフライパンの肉の中央まで差し込んで5秒間待ち唇にあててあたたければOK。(唇にちょっと温かいなという感じであればOK。)
  12. 温かいうちに、ラップ、アルミ箔、タオルで3重に保温。
  13. 冷めたらできあがり。
  14. 2-3mm厚さに切り分けて、うつわにもりソースを乗せる。


!!ポイント!!
  • 表面が香ばしく焼き目がついているのがいい。そこに、にんにく、ローズマリー、オリーブオイルの味わいと風味がからまっていい。
  • 豚肉を冷蔵庫に入れるのは、焼き目を付けるとき、中への火のとおりを少しでも遅くするため。中まで火が通ると、ばさついてしまう。豚肉は、火を通さして殺菌しないと食べられない食材だが、低温(70度くらい)殺菌で火を通す方が、ばさつかずにしっとりしておいしい。
  • その効果をどうひきだすか?というのがこの料理のテーマだ。
  • 蒸し焼きにする工程、保温工程は、まさに低温殺菌の工程。これで、肉のしあがりがしっとりとする。
  • 表面のオリーブオイルのもしっとりさせる工夫のひとつ。
  • 蒸す時に、野菜を入れるのは、調湿機能と消臭機能に期待して。水だけの湿度では補えない細やかな調湿効果を狙っている。



以下はテレビで紹介していたレシピの内容



【材料】
  • ローストビーフ
    • 豚肩ロース肉(塊) 600g
    • にんにく 1+1/2かけ分
    • ローズマリー(生) 3本
    • セロリの葉 適宜
  • ソース・・・・ナッツ&バルサミコソース* 適量(塩・こしょう・オリーブ油)





【ナッツ&バルサミコソースをつくる】
(つくりやすい分量)
アーモンド20粒と、熱湯にサッとくぐらせたレーズン20gを刻んでボウルに入れ、バルサミコ酢大さじ1、はちみつ大さじ1/4、塩小さじ1/3を加えて混ぜ、塩が溶けたらオリーブ油大さじ2を加える。

【ローストビーフを作る】
1. 豚肉をたこ糸で縛り、1cm深さの切り込みを6~8か所に入れ、にんにくを縦4~6等分に切って差し込む。表面に塩・こしょう各少々をすり込み、オリーブ油大さじ1/2を塗り、ローズマリーをのせてラップで包み、冷蔵庫に30分間おく。

2. フライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱し、ローズマリーを弱火で焼いて香りを出し、取り出す。中火にして豚肉を入れ、香ばしく焼けたら裏返す。約10分間で表面全体を焼く。

3. 豚肉を取り出し、フライパンに金網(またはしわを寄せたアルミはく)を入れて豚肉をのせ、周囲にセロリの葉を入れ、水大さじ1+1/2をふり、ふたをして中火で蒸し焼きにする。途中、水がなくなったら適宜足して約25分間焼き、中まで火を通す。

4. 金串を肉の中央まで刺し込んで5秒間待ち、唇に当てて温かければOK。豚肉を素早く皿に取り出し、アルミはく、ラップをかけ、タオルをかぶせて、冷めるまでおく。

5. 付け合わせのさつまいもは、皮をしま目にむき、1cm厚さの輪切りにしてサッと洗う。たまねぎは薄切りにする。

6. フライパンをきれいにしてオリーブ油小さじ2を熱し、さつまいもを入れて弱めの中火で焼く。たまねぎを加え、火が通ったら塩・こしょう各少々をふる。

7. 豚肉のたこ糸を取り、2~3mm厚さに切って皿に盛る。付け合わせとナッツ&バルサミコソースを添える。






夏! 暑さで食欲がわか無い時には・・そうだ! ・・冷たいおそば

私の定番、朝食に、おそばがある。

冬は、暖かいおそばで、朝から体ぽかぽか。
夏は、冷たいおそば。食欲がわかない時にも、おいしくいただける!。


いまどき、もりそばというのは、とても簡単にできて魅力だ。

  • そばを袋の表示通りにお湯でゆでる。
  • ざるにとって冷水で洗う。
  • もりそば用の器に盛り付ける。
  • 麺つゆを瓶の表示通りに薄めてつけ汁用の器に。(氷を入れて冷やす時は、少し濃く)
  • ねぎがあれば小口切りにして、わさびを添えて。

単純だが、そば自体に栄養があるので、結構いける。

「そば、栄養」で、Google検索結果を見るにはここをクリック。




実はこのブログでも、そばがきを投稿したことがある。そちらにより一層、栄養面の効用を記録しておいた。




さて、もりそばに、ちょっとひと手間加えるとさらに、おいしく、栄養を補える。

きざみのりをちらしてざるそば・・・カルシウムやビタミンAをさらに補える。
納豆トッピング・・・・・ビタミンB群などをさらに補える。ナットウキナーゼイソフラボンの効用も見逃せない。
大根おろしトッピング・・・・ビタミンCが豊富、そして、消化を助ける酵素を含む。



少しでもおいしくいただけるほうがいい。

乾麺でおいしくいただくちょっとしたコツをテレビで報じていたのでメモ。



  • そばは、たっぷりの湯を沸騰させた中に投入する。
  • さいばしで混ぜてくっつかないように。
  • 表示時間通りにゆでる。
  • ざるにあげて冷水で冷やす。ため水につける工程と、流水につける工程を繰り返して、できるだけ早く冷やしながら、よくもんでぬめりをとること。伸びないように、できるだけ早く冷ますことと、表面のぬめりをとる。時間がかかってしまうと伸びてぼそぼそになってしまう。
  • 十分冷めたら、ざるを振って水気を十分に切る。



このそばで、以下のメニューの紹介があった。

【ぶっかけおろしそば】

  • お皿には、そばをすこしずつ手で引き揚げて水気を切りながら盛る。これで水っぽくならない。
  • 醤油で味付けした納豆、大根おろし、梅干し、ねぎの小口切りを盛り付けて出来上がり。
  • 麺つゆは不要。



【鶏南蛮そば】

  • しょうゆ、みりん(各1/3カップ)削り節(カップ1)を煮立たせたら、濾して、水(カップ1)を加えて麺つゆをつくる。
  • 鶏もも肉(200g)とねぎ(1本)、ごま油(小さじ1)で両面焼き、麺つゆをひと煮立ちしたら、おつゆのできあがり。
  • 温かいままつけ汁用のうつわに入れて、お好みで七味を。
  • 冷たいそばを、温かいおつゆでいただく。



ちなみに、以下に自己流トッピングの例。


  • 油揚げ・・・電子レンジやフライパンでカリカリに温めて、崩してトッピング
  • 油揚げ・・・つけ汁を作るときに一緒に茹でる。つけ汁には油のうまみがうつり、油揚げには醤油味がしみ込む。適当な大きさに切って。
  • 卵・・・錦糸卵や煎り卵のトッピング。納豆なら生卵も相性がいい。
  • とろろ昆布・・・いいねえ。
  • 山芋・・・・すりおろしでこれも定番メニュー。生卵も相性がいい。ビタミンB群やムチンの効用に期待できる。
  • わかめ・・・・ぬめりがいいね!。
  • おくら・・・・いいね!。
  • キャベツの千切り・・・・いいね!
  • かまぼこ・・・・細切りで、トッピング。
  • 天かす・・・うまみがでる。
  • てんぷら・・・麺つゆもおいしいのを使いたい。
  • コロッケ・・・いいね。
  • 鴨があれば・・・・鴨南蛮。