Pages

月曜日, 7月 18, 2011

匂いを気にする

夏・・・匂いが気になる季節だ。


体の匂いも気になるし、家にこもる匂いも気になる。


テレビで匂いとその対策を特集していたのでメモ。





【家の中の匂いを消す】

  1. 靴の匂い・・・ドライヤーで乾かす(ベークアウト法)。新聞紙を丸めていれておくとインクが活性炭の役目をはたして匂いが消える。
  2. 靴のカ・・・消毒用エタノールで除菌
  3. 排水溝・・・重曹+歯ブラシでごしごし。
  4. お風呂の床・壁・・・45度以上のお湯をかけてながす(45度でほとんどの菌は死ぬ)
  5. 布団を窓の近くに置いて、窓をあけて扇風機を外向けに。湿度の低い日に。





【体の匂いの原因】


汗はそもそもかきたては無臭。時間がたってくると細菌が繁殖して、垢を分解して匂いになる。こまめなメンテナンスが大事。

一方、かいたところからにおう汗もある。


  • 疲労臭・・・疲れた時の匂い。筋肉をいっぱい使うと体の中にアンモニアが増える。肝臓でアンモニアを無臭化しているが、疲労してアンモニアが多くできたり、肝臓が無臭化する能力が下がると、代謝できずに血液にまわり、汗にでてくる。汗から尿の匂いがしてくる。
  • 肝臓の病気・・肝臓がアンモニアを無臭化する能力が減るので、アンモニアを代謝できずに汗にでてくる。脂肪肝なども体表的な症状。
  • ダイエット臭・・・急激に食事制限だけのダイエットをした場合。甘酸っぱい、マンゴーが腐ったようなにおい。一度に10-15kgもやせた時、エネルギーがなくなり、代謝の連鎖がたたれ、血中に脂肪酸がたまる。






【汗のにおいを消す方法】

  1. 汗の匂いを消すには汗をかきなれること。・・・汗をたくさんかくと自然に汗腺の機能が高まりそれまでつまっていた匂いのもとがでていく。。かけばかくほど、匂いがなくなる。
  2. においを追い出す運動をする。・・・手のひらをグーパーしたり足首をまわして、それぞれ50回ほど動かす。筋肉が動いてポンピング作用が働き、血行がよくなり、老廃物・匂いの代謝をよくして尿で排出する。お風呂の中でやるとより効果的。
  3. 疲労臭・・・チーズを食べる。オルニチンの作用。しじみにも含まれる。
  4. 加齢臭・・・レモン汁タオルで肌をマッサージ
  5. 汗のにおい・・・ミョウバン水溶液を塗る。





人への印象は大事なもの。



加齢すると、代謝の働きが悪くなるということもあるので、たしかにでる汗にもアンモニアが代謝が不十分となるケースが多いのだろう。



脂肪肝なども、汗のにおいのもととなるわけだ。ビールやアルコールを控えること、生活習慣全般に気を配ることが大事なようだ。




汗は、体調のバロメーターでもあるわけだ。よく気を使いたいものだ。





 

多めに簡単ミネストローネスープつくって そして 余ったら煮詰めてトマトソースでパスタを

BBQパーティで教えてもらった。
アウトドアでもできる簡単なミネストローネスープ。

家でつくるならば、大目に作っておいて、煮詰めれば、トマトソースに。

ショートパスタを和えたり、ピザにぬったりと様々に利用できる。

トマトの水煮缶を使うので、結構保存も聞くし、経済的な料理だ。

ちょっと、ストック野菜の鮮度が落ちてきたから使い切りたい・・・と思ったら、そくざに思い浮かべたい。


【材料】

  1. トマト水煮缶 400g
  2. 水 400ml
  3. ワイン 大匙1-2 なくてもよい。 
  4. オリーブオイル 大匙1
  5. にんにく 1かけ 粗みじん切り
  6. 野菜 にんじん、たまねぎは必須。さいの目切り。
  7. そのほかありあわせのもので。火の通りにくものは、最初に入れて、煮る時間を長めに。
  8. うまみ系材料を好みで(だしの素、中華スープの素、ブイヨンなど)




【料理】

  1. 乾燥した鍋のを火にかけ、オリーブオイルを入れる。弱火。
  2. にんにくを粗みじん切りで入れる。
  3. 香りがでたら、にんじん、たまねぎのさいの目切り。
  4. トマトの水煮缶を入れる。ホールトマトならつぶしながら。カットトマトならつぶす手間が省ける。
  5. 水をトマトの水煮缶と同量入れる。(水煮缶の缶を利用して計量すると便利。)
  6. ワインまたは大さじ2程度いれる。
  7. 好みでうまみ系材料を入れる。(だしの素、中華スープの素、ブイヨンなど)
  8. 野菜を投入。ほとんどさいの目切りにして。
  9. 20分ほど煮る。
  10. 塩、コショウ、砂糖で味を調える。


【思うに】
  1. うまみ系材料(だしの素、中華スープの素、ブイヨンなど)は必ずしもいらない。添加物が少ない方が健康には良い。野菜から十分にうまみ成分がでるので、おいしい。
  2. うまみを足す場合、添加物よりは、肉などのほうがいいかもしれない。ソーセージやベーコンという手もあるだろう。オリーブオイルとにんにくの香りが出たあたりで、投入し、動物性油を一度溶出させておいて、スープに溶け込ませる。
  3. とはいえ、うまみ系添加物(だしの素、中華スープの素、ブイヨンなど)は手軽で味を濃くできる。これらを使ったら、塩コショウは少なく。
  4. 砂糖でトマトの酸味を引き出せる。砂糖と塩で甘みを引き出せる。
  5. キノコもOK。
  6. 最初調理した時はスープ状のミネストローネスープでいただく。数食いただく間に煮詰まってくれば、ショートパスタにからめるトマトソースとして。もちろん、ピザに塗っても。
  7. リゾットという手もある。
  8. パルメザンチーズとも相性がいい。