Pages

土曜日, 9月 10, 2011

もやしを使って、手軽な値段で食の満足 食材を学ぶ

どんな料理にも重宝するもやし。


テレビを見ていたら、もやしを特集していた。一杯料理を紹介していたのでメモメモ。


こんな安価で便利な食べ物のレシピは重宝だ。


もやし 栄養 で検索してみると、結構栄養があるらしい。



このブログでもいくつか投稿している。












以下レシピのヒント。


【中華丼にもやし】

  • 人参、白菜、きくらげ、パプリカ、ピーマン、豚肉、うずらのゆでたまご、かまぼこを炒めて、最後にもやしを入れる。鶏だしでやさしく味付け。



【豚肉ともやしとパプリカのピーマンでカレー炒め】

  • 豚肉を炒めて色が変わったらパプリカとピーマンを入れて、最後にもやしを入れてカレー粉を投入。



【ゆかり豚】

  • 豚肉を炒めてもやしを投入。ゆかりをたっぷり入れて炒め盛り付けて、青紫蘇の千切りを上から散らす。



【もやしの育て方】

  • 緑豆の倍の量の水を入れる。6時間で豆が3倍に膨らみ呼吸をはじめ泡がでる。七日間で収穫。6時間ごとに水をまき、発芽による熱を下げる。毎日の水分と温度調整で出来が変わる。水が足りない方がひげ根が伸び、薫り高くおいしく栄養も豊富になる。容器一杯に茂るので、夜中に収穫。密集して育ったもやしを水におとガス。



【もやしのスープ】

  • 沸騰した鍋にもやしをたっぷり(もやしの根っこにはアミノ酸が豊富で、すっきりとしたうまみがでる)
  • 塩を入れて、卵を溶きいれる。



【豆もやしのてんぷら】

  • もやしに衣をつけてあげる



【もやしの和え物】

  • ゆでたもやしをきゅうりの千切りと和えて、塩コンブでもむ。



【もやしとアジの胡麻和え】

  • もやしはしゃきっとなるように湯通し
  • 一匹の味を焼いてうまみと香りを凝縮。皮を鶏のs沿いて身をほぐす。
  • もやしと和えてる。
  • 青紫蘇を粗微塵にし、ごまを振る。
  • 白ごまペーストを和える。



【もやしと豚ばら肉の卵とじドン】

  • 豚肉を甘辛いだしですき焼き風にしたて、もやしをまぜる。
  • 溶き卵を溶かしいれ、水場を散らす。
  • ご飯の上に





【もやしともち豚とレバーの炊き込みご飯】

  • 米にかつおだし、醤油で味付けした豚肉を入れて強火でたく。沸騰したら蒸らしの時にもやしを。
  • しゃきっとしたはざわりはそのままに風味がご飯に移る。




【ふかひれともやし】


  • 中華料理ではふかひれは金の糸、もやしは銀の糸といわれるほど高級食材。
  • もやしは、根と豆の部分を取り去り茎の部分だけ使用。




【銀の針の鶏肉炒め】

  • ささみを細切り
  • 淡白に絡める。
  • 油でうまみを閉じ込める。
  • もやし(根と芽なし)を5秒ゆでる(シャキッとした触感が残る)
  • フライパンに油を敷いて、上記のグザイを混ぜ炒め、鶏がらスープで炒める。




【菌と銀の香りオムライス】


  • もやしを米粒と同じくらいに切り添える。
  • 炒めご飯とあわせてチャーハンに。
  • 卵に、干しエビと貝柱が入ったxo醤をまぜて、ふわふわのオムレツに
  • 簀巻きにラップを敷いてオムレツを敷いて、その中にご飯を入れてすだれを丸める。
  • ラップが入っているので、すっとオムライスとなってでてくる。




【もやしとザーサイと干しエビの炒め物】

  • ザーサイのみじん切り干しエビ、しょうが、唐辛子を合わせ炒める。
  • もやしの根と芽を合わせ炒める。
  • 紹興酒、鶏がらスープ、最後にごま油で仕上げ。