Pages

日曜日, 11月 04, 2012

ピザを作ってみた

東芝のオーブンレンジを購入。

それについていたレシピを参考に、自己流にアレンジしてピザを作ってみた。クリスピータイプ。


【材料A】
強力粉 60g ふるったもの
薄力粉 50g ふるったもの
オリーブオイル大さじ1
インスタントドライイースト3g
砂糖ひとつまみ
塩 こさじ1/2

上記粉ものをこねながら、低脂肪乳 60g程度を少しずつ混ぜてこねる。

何回もおって手のひらで押し付け、最後げんこつでよくこねて、まとめていく感じ

【材料B・・・トッピング】
モッツァレラチーズ・・140g 1cm角に切る
バジルの葉・・数枚
ピーマン・・1個千切り
シメジ・・1/2房、いしづきをとってばらす
玉ねぎ・・1/4個 粗みじん切り

【材料C・・トマトソース】
トマト水煮缶
鍋で火にかけて混ぜながら水を飛ばす。



【調理】

  1. 材料Aの粉ものをボールに混ぜ、オリーブオイルを加え、低脂肪乳を少しずつまぜて手でこねる。手にくっつくが、少しずつまとまる。最後まな板の上でもみ、げんこつで抑えながらこねるといい感じ。
  2. 一塊のピザ生地を、サラダオイルを塗った耐熱皿に入れて、ラップをかけ、40度で30分ほど保温。発行させる。(東芝のオーブンレンジでは、角皿にのせて発酵・40℃・25-30分)そのあと、二つのたまに分けて、常温で10分寝かせる。めん棒で21cm程度の円に広げる。
  3. トマトソース。材料Cのトマト水煮缶は、鍋を火にかけ、水けをとばす。
  4. 21cmに伸ばしたピザ生地の上に、トマトソースを塗りつけ、1cm角に切ったモッツァレラチーズを広げて、シメジ、ピーマン、玉ねぎをトッピング
  5. オーブンに余熱を加える。余熱完了後、ピザをセット。(東芝のオーブンレンジでは、角皿だけ下の段に入れてオートメニュー 【30ピザ】【弱め2】を選択。余熱完了後、ピザをセットしてスタート)
  6. オーブンを230度で、6-11分。(東芝のオーブンレンジでは、スタート)なお、二枚目からは、200度で7-12分。
  7. ピザ生地は、すぐに調理しない場合は、ラップにくるんで冷凍。



【結果】
東芝のオートメニューでは、一応しっかりとできるが、個人的には焼き目のついた香ばしさが好みなので、いまいち。手動で、230度に設定して焼いたほうが、好みにやけそうだ。なお、一度焼いていると、すでに高い余熱を持つので、二枚目位以降は200度に。クリスピーだから、すぐ焦げるようだ。

普通の生地なら230度に設定したいところ。

なお、高めの室温なら、発酵過程も1時間程度で可能なようだ。40℃30分というのも、わざわざオーブンレンジを使う必要はないのかもしれない。

お手軽メニュー。
チーズの値段が高いが、ピザ生地がこのようにローコストでできるのならば、おいしいピザも手が届きやすい。