Pages

日曜日, 2月 17, 2013

冬季うつ にご用心!

以前、うつ病に効く食事を調べたことがあった。





冬季はとくにうつになりうやすいらしい。そのようなことを報じる記事を見かけた。



冬季うつ 3月ごろ自然に治るが春以降うつ病へ移行することも (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース:

'via Blog this'

この記事によると冬季うつの症状は、以下の通り。




炭水化物や甘いものが無性に食べたくなり、いくら寝ても眠った感じがせず、倦怠感と憂うつ感でなかなか寝床を出られなくなる。集中力ややる気が失せていつも眠い…。

昼間時間が短くなり、目に感じる光の刺激が減ることで、精神を安定させる脳内物質、セロトニンが減り、うつ状態を起こすという。

対策としては、できるだけ太陽光を浴びるようにし、あまり深刻に生活の責務を課さないこと。また、冬季うつを理解し、自分の状態を把握すること。

病院の治療でも、人工的な光を浴びる療法がとても有効だそうだ。

通常は3月ごろに自然に治るが、不安感にとらわれすぎると春以降にうつ病へ移行する場合もあるので、長引くなら医師の助けを。


冬季うつ  をネットで検索するにはここをクリック

冬季うつを防ぐ をネットで検索するにはここをクリック

冬季うつの治療 でネットを検索するにはここをクリック


冒頭にもかかげたが、生活習慣の改善が役にたつ。