Pages

金曜日, 12月 27, 2013

尿検査のツボ  タメシテガッテン

ためしてガッテンで尿検査について報じていたのでメモ

尿の色は、様々な要因で変わる。


  • 膀胱炎 急性の場合・・・真っ赤な尿がでることがある。
  • いつもこい黄色~茶褐色(黄疸)・・・肝臓病
  • いつも薄い色・・・糖尿病で血液中の糖分を薄めるために水分を多くとるケース、腎臓病で濃くできない場合あり
  • 緑膿菌に感染・・緑色
  • 薬によって着色してしまうことがある・・・黒色や茶色、黄色



見えない血尿の場合、要注意。尿検査で血液の反応があるかどうかで反応。下記病気は疑ってみる。

  • 末期腎不全
  • 尿路上皮癌



血尿は一過性のものが多い

血尿の65%は一過性。22%膀胱炎、10%前立腺肥大、3%腎炎・膀胱がん・他


顕微鏡で見たときに下記により判断

  • 崩れた赤血球がある(血液が腎臓で濾過されて尿になるが、本来は赤血球は通らない。膜に欠陥があって、潜り抜けたとき赤血球が変形する)
  • がん細胞が発見される


血液の反応を見る検査薬は市販品あり。それで反応が出て、病院で再検査したときは保険適用になる。



なお、尿検査ができるだけ精度よい結果を得たいので、いかに注意。


  • 前日はアルコールは控える
  • 野菜果物は、ビタミンCが潜血反応をブロックする恐れがあり、控えめに。ビタミン剤は避ける。
  • 日課であっても、朝のジョギングは避ける。足の毛細血管で赤血球が壊れて変形して尿に出てくることがある。
  • 水を大量に飲むと、尿が薄くなり反応がでにくくなることあり。水分は控えめに。
  • 尿は出始めではなく、中間尿をとる。


あまーい ばなな 食べたいな

ためしてガッテンで、紹介されていた内容。
ばななは熱帯系の植物。その環境におけば自然に甘いバナナになるのだが、日本では保存性を高めて流通時に取り扱いやすくしている。そのため、甘さがいまいち。

甘ーいバナナにするには以下の通り。黒ずみにくくもなるようだ。


買ってきたバナナを50度のお湯につけて5分。そして1時間放置。



これだけだ。

以下の二つの作用によるものだという。


  1. アミラーゼ効果。アミラーゼは消化酵素で、これにより、でんぷんが糖に分解される。作用させるには40-50度の温熱環境が必要。
  2. 熱ショックタンパク質が発生し、黒ずみにくくなる。


さらに補足説明する。
バナナは寄生虫感染予防の法律があり、”青い状態”で輸入される。これを、産地の南国に合わせた高温湿度環境に置くと、バナナ自体がエチレンを発生し、熟して皮が黄色くなるとともに甘くなっていく。
ところが、近年、低温の保管庫で保存し、出荷前に外側からエチレンを吹き付けて強制的に皮を黄色くするようになったため、中は十分に甘く熟していない状態なのだという。