Pages

日曜日, 12月 29, 2013

アボカドが手に入ったのでワカモレを作ってみた。わさび醤油で刺身風にも。

アボカドが安くで手に入った。

二品目。


  1. ワカモレ
  2. アボカド刺身



【アボカドの仕込み】
アボカドは熟したものを。てっぺんの枝との付け根あたりから柔らかくなってくるので、この辺が押してへこむようならいい感じ。

アボカドは結構厚めの皮、果肉、2cm程度の球の種という構成。

縦半分に割ることをイメージして、外周の皮と果肉にぐるりと包丁を入れる。すると、縦二つにぱかっと割れるが、片側に種がくっつく。種がとりにくければ、包丁の付け根の角を突き刺して引っ張り出す。
熟していれば、皮は結構するりとはがれる。

【ワカモレ】
材料は
玉ねぎみじん切り
香味野菜(コリアンダーが定番のようだが、今回は三つ葉が出回っていたのでそれにした。)みじん切り
塩コショウ
レモン汁(ポッカレモンでもOK)
あれば。。。緑の唐辛子またはわさび

調理方法は
アボカドの果肉をボールに入れて、すりこぎ棒でよくつぶす。
玉ねぎみじん切り、三つ葉みじん切り、ポッカレモン、塩コショウを入れて混ぜる。
塩コショウでさらにまぜる。

思うに
わさびが結構会う。
ディップなので、クラッカーや、あるいは、味の濃いものの付け合せに何でもあう。



【アボカド刺身】
アボカドの果肉を千切りや輪切りにして、刺身のように皿にきれいにもる。
わさびと醤油で頂く。

トロ食べてるみたい!


【アボカド栄養】
アボカドの栄養をネットで調べるにはここをクリック

非常に栄養豊富な果物だ。
まず、脂質が多いがそのせいでビタミンEが豊富。脂質が多いといえども、もちろん植物性の油。また食物繊維も多いので、体に老廃物や余分な脂を連れ出してくれる可能性が高い。パントテン酸などエネルギー代謝も高めてくれる。
脂質が多いが、いくらかそれを補う作用を高める成分を含んでいると解釈できそう。
ビタミンもB6、B2、C、E、葉酸、パントテン酸が豊富で、元気の源となりそうだ。
ミネラルもカリウム、胴、マグネシウム、亜鉛など豊富。