Pages

月曜日, 9月 08, 2014

づけまぐろ

マグロ刺し身をサクで買ってきた。

今日食べる分は、刺し身で。

残りは、づけにして、冷蔵。1-2日は楽にもつ。

タレ

*みりん、酒大さじ2を、鍋に入れて、煮切って、アルコールを飛ばす。

*冷まして醤油大さじ3を入れる。

*平タッパに、タレを入れ、薄切りのマグロの切り身を並べて、上から空気が入らないよう、ラップをかける。

*途中ひっくりかえして1時間。

*タレの量は、結構あるので、さくの大きさによって調整を

ひじきの煮物

【材料】
乾燥ひじき:15g
人参:1/2本
油揚げ:1枚
酒:大さじ1
砂糖、みりん、しょうゆ、各小さじ2
だし(カップ半分強。水とだしのもとでもok)
サラダ油

【調理】

乾燥ひじきは水につけて、20分ほど戻す。砂など洗い流す。

油揚げは、熱湯につけて油を洗い流す。7mm*20mmくらいの大きさに切る。

にんじんは、千切り。

鍋に油を敷いて人参を炒める。

しんなりしたら、油揚げとひじきを投入。

ひと混ぜしたら、酒、砂糖、みりん、だし水を投入してまぜる。半分くらい知るに使っている感じ。

2-3分煮立ち、まぜたら、醤油わ投入してまぜる。。

落し蓋をして、汁気がなくなまで煮詰める。

料理のサシスセソ通り、砂糖、酒を最初に。味に深みが出る。また、醤油が少なくて済む。

バジル収穫

バジルの花が咲いた。


花が咲くと、もうバジルの葉は美味しくなくなるので、できるだけ、花の芽は摘み取るようにしている。


でも、そろそろ、シーズンも終わりかなと思い、葉の収穫をして、また、花をつけさせ、その後に種の収穫をすることとした。


葉をむしり取られて、裸のバジル。

葉は結構な量になつた。


いろいろな保存方法を試してみる。

まずは、ドライバジル。簡単。


【ドライバジル】

10枚くらい水で洗って、タオルやキッチンペーパーで水気を切る。

電子レンジにキッチンペーパーを敷いて、1分半から2分。ミキサーやフープロ、ミルで粉砕。

今回は3回で、振りかけ容器2/3程度になった。



【ジェノベーゼソース】

定番ジェノベーゼソース。本来は、松の実を使うのだが、家にあったアーモンドを使い、ミックスナッツの中のカシューナッツわ数粒混ぜた。また、粉チーズは混ぜていない。食事の時に添加すればいいから。保存の勝手を優先。冷凍するので少しでもかさばらないように。



バジルの葉:50枚
アーモンド:50g
カシューナッツ:数粒
オリーブオイル:150cc
にんにく:1-2粒
塩.砂糖:各3g
黒胡椒:適宜


ミキサーで撹拌。

フリーザーパックに入れて、薄く伸ばして冷凍。



最後は、バジルオイル

【バジルオイル】


バジルの葉:数枚

ニンニク:1かけスライス

たかのつめ:1本種を抜く

オリーブオイル:カップ1


バジルの葉は2-3日で抜く。


【バジル塩漬け】

粗塩とバジルを交互に積層。

どちらもそうたくさん使うものでは無いと思うので、必要そうな分量を。


塩は、バジルの香りがついて、ちょっとオシャレ。バジルの塩漬けは、しょっぱくてそのままでは食べられないので、調味料として。